発達タロットのお部屋

Cocco Lifestyle blog別館

2女教皇 THE SACRED ROSE TAROT

f:id:cocco32:20180123095416j:plain

以下THE SACRED ROSE TAROTについていた英語の説明書の翻訳です。

機械翻訳ではありませんが、素人翻訳なのでどうかなーという箇所もあります。

詳しく知りたい方は、英語の説明書を読むことをお勧めします。

 

 
 
堂々としていて超自然的な女教皇は地上の椅子に座っている。彼女は威厳があって触れることができない。
 
教皇スピリチュアリティの処女的側面を示し、彼女の前に来た人は皆畏怖を覚える。女性における3つの側面は、女教皇-処女、女性-母、月or月の女-老婆である。
 
教皇の黒い髪は、隠された知識と彼女のすぐれた性質に守られた謎を表している。黄金の球体は完全なる知識をあらわす。マーキュリーの冠はコミュニケーションあふれる思考と知識を示す。
 
生命の樹の2本の柱の間にあるアストラルベールは、この同時発生的な2つの力をつなぐ役割を持つ。女教皇自身が真ん中の柱としての役割を果たす。B(Boaz)すなわち黒い性質としての水と大地、J(
Jachin)すなわち天井の火と聖なるスピリットのバランスである。
 
頭上にある黄金のとらいあんぐるは、緑色の葉と生命の樹、アストラルベールの上部によって形作られている。天上のとらいあんぐるは、ケテル(the Crown or godhea)、コクマー(Wisdom)、ビナー(intelligence)の三角と関係する。
 
青色のガウンは不可能を可能にする努力である。ガウンは三日月に触れると液体に変わる。三日月は思考(mind)と感情の流動性を示す。薄いベールへと育っているのは世界のカードの女性的側面によってである。
 
教皇の胸には太陽のクロスがあり、地上(水平の棒)と点(垂直の棒)をつなげる。女教皇はすべての知識の本を指差している。彼女が教師だからである。ひざの上の本は紫色の本とガウンの間に置かれている。紫は力の色であり、力は知識から引き出される。彼女の足は三日月の上に置かれている。スピリチュアリティの神聖な性質の象徴である。バラの花はあらゆる場所にあって、豊かな知識を約束する。
 
正位置
知識のスピリチュアルな側面。 論理や知識をベースにしたよい判断の源としての直観。 またその直観によって感情の混乱から抜け出すことができる。 超然としている様。 本能。 秘密。
 
逆位置
感情のブロック。 歪められた本能や論理。 適切に使われていない直観。 偏見。 スノッブ的なもの(上流気取りとか)。 無知。 おそらくは非合法な行動や情事。 欲望。